- 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症による痛み・痺れ・間欠性跛行を改善したいあなたへ

病院・整骨院・整体を受けても改善しない脊柱管狭窄症の症状は第一頚椎のゆがみをなくすのが回復への近道です。

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 歩行と休憩を繰り返さなければ歩けない
  • 太ももから下に痺れや痛みがある
  • 膝から下に痺れや痛みがある
  • 下肢の力が落ちてきた
  • 尿の出が悪い

これらの症状でお悩みなら当院にお気軽にご相談下さい。

腰部脊柱管狭窄症

高齢化とともに増えてきている脊柱管狭窄症は、脊柱管の狭小化によって起きます。
背骨の中には脊柱管という神経を取り囲む入れ物があります。
脊柱管が狭くなることにより、神経組織が圧迫され下肢に痛みや痺れが現れます。

脊柱管狭窄症の主な原因は加齢により椎間関節が変形して神経根が圧迫され下肢に痛みや痺れを放出します。
腰部脊柱管狭窄症というとつらい腰痛のイメージがあるかもしれませんが、誰にも腰痛があるとは限りません。
腰部脊柱管狭窄症の特徴は腰痛よりも「間欠性跛行」です。
間欠性跛行とは、少し歩くと足が痛んだり痺れたり、こわばったりして辛くて歩くことが出来なくなる状態です。
しゃがんで少し前屈みになると構造上脊柱管が少し広がり神経圧迫が解除され症状が楽になってきます。

間欠性跛行は「神経性間欠性跛行」と「血管性間欠性跛行」に分けられます。
血管性間欠性跛行は、足に行く血管が詰まる病気です。
閉塞性動脈硬化症と呼ばれ動脈硬化が原因です。
腰部脊柱管狭窄症は「神経性間欠性跛行」の代表的な病気です。

第一頚椎のゆがみが脊柱管狭窄症の症状が治らない根本原因なのです

第一頚椎がゆがむと脳から身体への神経を介した指令が遮られ神経伝達不良により、血管・リンパ管が圧迫され脊柱管が圧迫され、姿勢も悪くなり脊柱管狭窄症になってしまうのです。

背骨や骨盤もゆがみ呼吸筋である横隔膜が下方に下がり肩が前にすぼみ猫背になり呼吸が浅くなり細胞に十分な栄養が与えられません。
この状態では脊柱管は圧迫されたままで症状の改善が見込めません。

当院のカイロプラクティックは、脊柱管の入り口となる第一頚椎を整え神経圧迫を解除します。
第一頚椎のズレから起こる神経圧迫が解除されると腰周辺の脊柱管に対する神経圧迫も減少します。
そして姿勢と身体のバランスが整い脊柱管はリラックスすることにより圧迫が少なくなり痛みや痺れが緩和できる様な状態を作ることが出来るのです。

今までに多くの方が脊柱管狭窄症による痛み・痺れ・間欠性跛行を改善してきました。
脊柱管狭窄症を改善したい方は、脊柱管をリラックスさせることが可能な当院の施術をおすすめします。

患者様の声

君津市 80代女性

脊柱管狭窄症

Q. 首のズレを調整するだけで全身が調整できる施術を受ける前、半信半疑ではありませんでしたか?
A. 半信半疑

Q. あなたがつらかったところはどこですか?
A. 病院でヘルニア、脊柱管狭窄症と診断されました。腰の痛み、足のしびれ

Q. あなたがつらかったところはどこですか?
A. 肩、腰

Q. 施術を受けて体がどう変化しましたか?
A. 施術が終わってみると腰がとても楽になり、2回目にお伺いした時は、杖をつかなくても通えました。
しばらくすると自転車に乗れるようになり、今では大好きなフラダンスを踊れる様になりました。
これからも宜しくお願いします。


アクセス情報

所在地

〒299-0261
千葉県袖ケ浦市福王台1-1-11 D101

0438-53-8867

駐車場

3台あり

休診日

木曜・日曜

予約について

当院は完全予約制となっております